地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

本日の毎日新聞「論点」2/27朝刊

200902271.jpg
本日の論点は「飼い主のいない猫への餌やりを考える」
第7面全部を使って大きく取り上げている。
サブタイトルは「全国に広がる飼育をめぐる苦情。東京都荒川区の迷惑餌やり禁止条例に注目が集まる」

荒川区環境政策担当課長 山本氏 「環境被害防止が目的」
フリージャーナリスト 香取章子氏 「条例は撤回すべきだ」
作家 立松和平氏 「これでは息が詰まる」

それぞれの立場と視点で野良猫問題を論じている。
全国紙紙面で大きく取り上げられるということは、新しい猫の文化がもう始まっているということだ。
今後この問題にさらに多くの意見が寄せられるものと思われる。

心に引っかかった言葉は立松氏の
「猫はその人の人間性を見せてしまう」
まさに同感である。
猫に対する態度にその人の人間性がよく表れている。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/02/27(金) 13:31:59|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ドキュメンタリー映画「犬と猫と人間と」完成記念上映会

感動的な映画であった。
午前の部午後の部ともに250席ほぼ満席だった。

私が野良猫研究で出会ったことのある方が何人か登場していた。
よく野良猫を取材していたあの場所も出てきた。

200902221.jpg

「ミャーコと地域猫 水害」でイラストにした話も映画には登場する。

思っていたほど悲惨な映像はなかった。
それでも充分に胸を打つ。
処分される動物たちを何とか減らしたい。

映画を見た人たちも、映画に登場した人も想いは皆いっしょだ。
日本の犬猫の文化を変えよう。
不要だからと殺したり捨てたりしていた歴史を変えなくてはならない。

映画という表現方法での訴えはかなり強力な啓発が期待できる。
できれば全国で上映会が開催されることを希望する。

たいへん有意義な2時間であった。

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/02/22(日) 18:50:14|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

開拓者たち

ふた昔くらい前なんだけどね。
すでに引退した古老の獣医師から、初めて不妊手術をやった時の話を聞いたことがある。
まだ東京に犬猫病院が数軒しかなかったころらしい。
くわしい年代は不明だが、おそらく昭和時代の前半だろうか。

そのころ犬猫の不妊手術をしようという人は誰もいない、またやれる獣医師もいない。
生まれた子犬や子猫はもらってくれる人がいなけりゃ捨てに行く。
犬猫を医者にかけるのはよほどのお金持ちか変わり者。
それが常識だった時代。

獣医仲間の勉強会があって不妊手術をみんなでやったそうだ。
何匹かの手術をやり終わって、無事でなかったのがだいぶいたという。
手術をやっている最中に呼吸が止まったり、麻酔が覚めなかったりで命を落とした。
技術も熟練していなかったのかもしれないが、当時の麻酔がものすごく危険だったのが原因なんだろう。
そんな手術では誰もやる人はいない。
不妊手術の必要性はわかっていても、安全性が上がらなければ普及はしない。
そんな苦悩と試行錯誤の時代だったようだ。

後年、より安全性の高い麻酔薬の登場と麻酔器の開発で、不妊手術が普及し始めるようになる。
製薬会社、医療機器メーカー、そして現場の獣医師。
それぞれの分野に開拓者がいて、プロジェクトXのドラマがあった。
今のTNR運動が広がる礎を築いてきた人々である。
はじめの一歩を歩んだ人々の情熱がなければ、今でも殺すか捨てるかの選択肢しかなかっただろう。

banner_031.gif

野良猫 捕獲か共存か 自治会、割れる対応(2月19日 朝日新聞)

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/02/20(金) 11:43:17|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ドキュメンタリー映画「犬と猫と人間と」

200902182.jpg

ドキュメンタリー映画「犬と猫と人間と」の予告編(4分06秒)
http://www.youtube.com/watch?v=Kc62evWPYPw

〇2009年2月22日(日) 完成記念上映会
 午前の部:開場:10:00 上映:10:30?
 午後の部:開場:13:30 上映:14:00?
 場所:女性と仕事の未来館ホール
     JR田町駅三田口(西口)から徒歩3分
     地下鉄(都営浅草線、都営三田線)三田駅A1出口から徒歩1分
     TEL:03-5444-4151
 入場料:1300円(高校生以下:1000円)

<問合せ>
映像グループ ローポジション
E-mail: low-posi@nifty.com
URL:

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/02/18(水) 10:29:30|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野良猫トイレ問題

野良猫トイレと室内飼い問題は、かなり地域格差がある。
問題が深刻なのは都市部である。

200902181.jpg

このような看板がある環境を見回すと、川はコンクリートで覆われ街路樹もささやかなアスファルトの窓から生えている。周辺の住宅は庭をつぶされミニ住宅やマンションに変わり、地面はことごとくコンクリートで固められている。
つまり、土がないのである。
猫が掘ってウンチを隠す土が不足しているのだ。

本能としてほとんどの猫はウンチを隠す。
隠さない奴は珍しい。
猫のフンが問題になるのは、環境が昔とはかなり違ってきているということだ。
人の心も変化してきた。

山の中なら誰も苦情を言わないだろうが、都市部ではそうもいかない。

banner_031.gif

東京都目黒区で地域猫セミナー2月26日(木)

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/02/17(火) 21:55:14|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

東京墨田区での地域猫への取り組み

200902151.jpg

昨日、墨田区役所で行われた地域猫意見交換会を傍聴してきた。
墨田区の飼い主のいない猫への手術助成制度は平成18年度からスタートした。これまでに制度を利用して700匹以上のTNRが行われている。現在区で把握している外猫の数は933匹。実際はもっといると思われる。
今回は区への苦情が100件以上ある「猫のふん尿」問題に関連して、「野良猫用トイレの作り方」がお題となった。

講師は「すみだ地域ねこの会」
作り方のくわしい内容はこちら
現在、あなたの町の「野良猫用トイレ」情報も募集しています。

200902152.jpg
画像はプランターとEM菌を利用した野良猫トイレセット。会場で配布された。

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/02/16(月) 13:04:43|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

2月は世界的なTNRキャンペーン

日本では猫の寒盛りのピークが2月である。
3月の妊娠、4月の出産というふうに猫のスケジュールは毎年決まっている。

同じ北半球にあるアメリカのヒューマン・ソサエティでも2月にインターナショナル・スペイ・デイ(国際避妊去勢手術キャンペーン)を行っている。世界各地に呼びかけていて、日本からもいくつかのグループが呼応している。
この2月にTNRをやることが、猫の繁殖を止めるのにかなり大きな効果がある。3月の妊娠を何としても食い止めるにはここで頑張るのだ。

スペイ(Spay)とは日本語で言うなら「避妊手術」のこと。メスの卵巣や子宮を摘出する場合をさす。
TNRのNはニューター(Neuter)で同じような意味だが、これは日本語では「不妊手術」。オスもメスの含めて中性化手術をするということになる。

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/02/13(金) 21:05:41|
  2. TNRの研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

TNRトートバッグ入金口座の訂正

TNRトートバッグを申込された方へ

ゆうちょ銀行からゆうちょ銀行口座へお振込みの方へ
口座番号を間違えてご案内してしまいました。
8ケタの番号が9ケタになっていますが、正しくは4番目と5番目の「3」がひとつよけいです。
「3」をひとつ削除して8ケタでのご入金をお願いいたします。

たいへん申し訳ありませんでした。
よろしくお願いいたします。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/02/12(木) 21:40:33|
  2. イラスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

TNRトートバッグ発送

20090211.jpg
本日発送作業完了いたしました。
ふぅ?

ご注文をいただいた方の所に、まもなく届くと思います。
お楽しみに。

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/02/11(水) 17:52:50|
  2. イラスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミャーコと地域猫 猫神36

nekogami36.jpg

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/02/08(日) 14:13:12|
  2. ミャーコと地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高齢猫の神秘

昨日、友人の飼う20歳の猫の写真がメールで届いた。
先月、目の上に腫れ物があって、この年だからもう手術とかはできないといっていたものが、きれいになくなっているではないか。びっくりである。

別の23歳の猫は夏に寝たきりになって、脳の障害が出ていた。介護はずっと続けているのだが、それが秋ぐらいから歩けるようになった。
今日見たら首は曲がっているがしっかりと歩いているではないか。恐るべし23歳猫。

猫伝説によると20年も生きる猫は「妖怪猫又」になると言われていた。
尾が二股に分かれて、開けたふすまを閉めるようになり、夜中に「猫じゃ猫じゃ」を踊りだす。
さらにさまざまな超能力を身につけるのだと言う。

20歳を超えた猫の信じがたい生命力を見ると、もしかすると・・・・と空想してしまう。
そんな高齢猫は妖怪というより、きっと家の守り神であろう。
愛情と信頼でつながっている飼い主をしっかり守っているに違いない。

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/02/06(金) 22:32:25|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

猫の島いろいろ

猫の住む島の話がいくつかアンテナに引っかかっている。

ひとつはネコトモブログ記事にある初島の猫問題。
自分で直接取材した内容ではないので、中立的なコメントにとどめたい。行政がこれについて公式ホームページで取り上げることはとても珍しい。問題解決にはやはり地域猫の考え方が必要ではないかと思う。

もう一つは「日本にもあったよ!猫にやさしい島!」
猫神を祀る猫神社があるということで、検索にも引っかかっていたし、SNS猫の集会場でも記事を読んだ。

かたや観光の島、かたや漁業の島である。
人招きの猫のパワーを必要としているのはぜったい観光の島の方であろう。

全国にはものすごい数の猫好きがいる。猫ブログランキングの数をみればその多さはわかるはずだ。
猫好きの町には全国から猫好きが集まる。
ところが猫嫌いの街に全国から猫嫌いが集まるかというと、そういうこともないだろう。
観光の目玉に猫というキーワードはたいへんに経済効果があると思うのだが。

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/02/01(日) 14:29:01|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

FC2Ad