FC2ブログ

地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

野良猫問題に地域猫という選択肢

将棋の加藤元名人、猫餌やりでトラブル=集合住宅、住民が提訴?東京地裁支部(12/10時事通信 )

野良猫問題の解決方法にもいろんな選択肢がある。
被害者が損害賠償を求める訴訟もその一つかもしれない。
しかしそれは問題解決につながるかどうか大きな疑問を持つ。

住民が加藤名人から賠償金を勝ち取るには、猫による被害の証拠を集め、エサやりとの因果関係を証明しなくてはならない。
まず被害や迷惑を受けている猫と加藤名人からエサをもらっている猫が同一であるかどうか。
証拠の写真を撮っても、よほど特徴のある猫でないと判定が難しい。
黒猫とかキジトラ猫ではそっくりなのがいて、飼い主でも見分けがつかないのが多くいる。

同一猫と判定された場合、次はその猫にエサを与える人が何人いるか調べなくてはならない。
路上や公園などでのエサやりは目立つが、それは氷山の一角で、多くは個人の敷地内の目立たない場所にエサ場はある。加藤九段以外にもエサを与える人はいるはずだから、それを見つけ出す必要がある。
苦労をしてもすべての証拠を集められるとは限らない。裁判をやるということは、多くの時間と労力と費用がかかる。
勝訴しても野良猫問題はすぐには解決しないかもしれない。

エサ場をなくして猫が分散することを期待するなら、被害をただよそへつけ回しすることになる。そんな住民エゴは許されるはずがない。
合法的に猫を処分するには今の法律ではできない。法律を改正するとか超えなければいけないハードルがまだまだ続く。

「エサやりが猫をすべて引き取り、自宅で飼えばいい」という意見を言う人がある。しかし野良猫問題をよく知る専門家はそういうことは言わない。ほとんど実現不可能な意見だと知っているからだ。無理をしてそれをやって、多頭飼育崩壊という社会問題が引き起こされることがときどきある。そうなった時にまた、住民は苦労するのだ。

多くの人が「エサやりを禁止すれば、野良猫問題が解決する」と誤解している。
路上や公園以外に隠れたエサ場がたくさんあることをほとんどの人間が知らない。そういう場所を探し出すことはまず無理である。
人道的に合法的に猫の数を減らすには、地域猫やTNRという手法しかないのだ。

地域猫やTNRを始めていけば、裁判でお金や労力を使い何年も争っている間に、どんどん猫の数は減っていく。

野良猫問題の解決方法に、「地域猫」という選択肢もあるということを提言しておきたい。


banner_031.gif





テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2008/12/12(金) 14:45:07|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4