地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

猫の歯はナイフである

20080929.jpg
春に生まれた子猫たちはそろそろ歯が生えかわるころ。

乳歯と永久歯が2本並んで生えている。細くてとんがっているのが乳歯。太くて丈夫そうなのが永久歯。乳歯はやがて抜け落ちる。この時期がだいたい生後4?5か月。人間で言うと小学生時代。遊び盛りだ。

猫の歯は肉食動物の歯だ。人間の歯とは少しちがう。
猫の奥歯も臼歯と呼ばれているが、臼のようにすりつぶすのではなくナイフやハサミのように切る働きのようだ。

大きな肉のかたまりにカブリつき牙で切り裂き、それをだいたいの大きさに噛んで飲み込んでしまう。きっと誰かに獲物を横取りされないうちに飲んでしまうのだろう。

野生動物は歯を失うと、もはや生きてはいけない。
猫は人と共生することで歯なしでも生きながらえるようになった。
人間がペットフードを発明してくれたおかげである。
ペットフードはすでに飲み込める大きさに加工してある。ドライフードだって噛まずに飲み込んでいる猫がいる。

猫が長生きするようになった原因はこのへんにもある。


banner_031.gif



テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/30(火) 08:46:13|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猫の輪2008

20080928nekonowa.jpg

不思議な猫の輪のつながりを感じる時がある。

昨日、東京飯田橋で開催された「猫の輪EXPO2008」。「河原猫日記」さんのブースでちゃま坊グッズの在庫を販売してくれた。
右隣が「Necoplaza」のpapamamaさん。いつも路上猫支援のフリマをやっている猫仲間。
左隣は「でぶねこ☆めんまさん」のsatoさん。久しぶりにお会いできた。実は幼少の頃のめんまさんに私が関わっている。預かったこともある。出世して有名猫になっているのを知ったのは割と最近だ。めんまさんは8年くらい前、渋谷区動物愛護推進ネットワークのKさんが保護した子猫だった。いろんな人のお世話でsatoさんのところへ縁が付いた。

たくさんの人が猫の不思議な縁でみんなつながっている。
そんな「猫の輪EXPO2008」だった。

応援に来てくれたみなさんありがとうね。
猫の輪をさらに広げてくれたニャパネット♂さんと猫の輪事務局の皆さんに感謝です。
楽しい1日でした。

banner_031.gif


テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/29(月) 10:06:24|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

「猫の輪 EXPO2008」あす開催

2008年9月28日(日)11:00?17:00
場所:飯田橋コートメダリオン(東京都千代田区富士見2-10-28 TEL 03-3265-6077)
http://nekono-wa.com/

当日会場に行く予定にしています。
「河原猫日記」さんのブースではちゃま坊グッズも一部販売する予定。

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/27(土) 13:47:22|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「ご近所の底力」その後スペシャル

20080926.jpg
東京都中野区の野良猫糞尿被害に立ちあがった人たち。妙案を実践してみると思わぬ効果があった。この活動で地域のコミュニケーションが新たにできあがった。
地域のネットワーク、情報網のパワー。
地域猫の考え方そのものだ。
処罰をしたり裁判で争うのではなく、地域のネットワークの力で問題解決がはかれる場合が多くある。
トゲトゲしいニュースが多い中、心が少し暖かくなる。

★9/28(日)午前10時5分?NHK総合テレビ全国放送

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/26(金) 20:53:12|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

腎不全の猫たち?新しいサプリメントのニュース

猫の慢性腎不全という病気はとても多い。
10歳以上の猫ではその確率が非常に高くなる。じわじわと進行する。
水をたくさん飲むようになったのと、やせてきたということで動物病院に行くと、「慢性腎不全」の診断が出ることがある。

腎臓用の猫フードは各社から発売されている。
うまく食べてくれれば延命効果は期待できるかもしれない。嗜好性が良いかどうかが問題になる。
腎臓用フードはタンパク質とリンを制限して作られている。
自分で作るとなるとかなりやっかいだ。

タンパク質制限の基本原理は肉や魚を減らし、米や脂肪を増やすこと。
リンの制限はどうしたらいいのか?
今度「レナルガード」というペットの健康補助食品がバイエル薬品から発売される予定。ペースト状でポンプを押してエサに混ぜる。エサに含まれるリンと結合してフンとして排泄する仕組み。進行を遅らせたり症状を改善する可能性があるとか。

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/25(木) 16:48:57|
  2. 医療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

飼い猫になりたくない猫

200809241.jpg
飼い猫にしてやろうと保護しても、新しい環境に順応できない猫がいる。
攻撃的で警戒心の強い猫はもちろん無理だ。
比較的人になれていて、これならと連れて帰る人がいる。最初、暴れていても2?3週間もするとなれる猫が多い。しかし閉じ込められたことによって、精神的肉体的に健康状態が悪化していくケースもある。
やむなく元の場所に帰してやる。
帰ればまた元に戻る。
何事もマニュアル通りにはいかない猫がいるものだ。

NHKテレビ「ご近所の底力」地域猫のその後放送予定9/26、9/28

「猫の輪EXPO2008」東京飯田橋で9/28開催 当ブログも参加しています。パネルのチャリティー販売あり。


banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/24(水) 15:40:28|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

猫のエサ場

20080922.jpg
迷い猫の捜索をしたことのある人はわかると思う。
この町のどこかに猫はいるはずだ。しかし人が捜せるのは道路や公園などの公共の場だけ。個人の敷地内を捜すには、かなり面倒な手続きをしなくてはならない。
毎日捜して歩く道路や公園は、町全体からするとほんのわずかな一部分でしかない。ほとんどが個人の敷地である。簡単に調べることのできないその部分に、ほとんどの猫が生息している。野良猫も飼い猫も区別はつかない。

A地点からB地点に行くのに、
犬と人は道路を通って何度も角を曲って行くが、猫は塀を乗り越え個人の敷地内を通って最短距離で移動する。道路は猫にとって横断するものである。塀や屋根は猫の日常の通り道だ。人が追跡することはほぼ不可能。

実は個人の敷地内に誰も知らないエサ場がたくさんある。寝場所もある。仔猫の発生源もある。
猫の発生源をつきとめるのもTNR活動のひとつだ。

「猫の輪EXPO2008」東京飯田橋で9/28開催 当ブログも参加しています。パネルのチャリティー販売あり。


banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/22(月) 21:00:22|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

難解な法律用語

20080921.jpg
一見正反対の矛盾するルールのように見える。

国の法律を詳しく読むと「愛護動物に」とある。ねこは愛護動物に含まれることが明記されている。

一方、荒川区の方を詳しく読むと、「自ら所有せず、又は占有しない動物に・・・」とある。
難しい言葉なのでよく考えてみる。
所有しているかどうかの判断基準はどこにも出ていない。
犬の場合、登録してあるかどうかを基準にできるが、猫にはそれがない。

「さっきまで野良猫だったが、今から飼い猫である。」という主張もあるだろう。

現場の役人が判断を下すには荷が重い問題だろう。

条例施行によってエサをもらえなくなった猫のことに荒川区は触れていない。

隣の区へ追い払って問題解決にするのか?
餓死させて、死体を処理して終わりにするのか?
教育の現場に与える影響はどうなのか?
地域のいじめ問題に発展する憂いはないのか?

この件で東京都荒川区では9/21?10/14パブリックコメントを募集します


banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/21(日) 11:05:55|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

野良猫へのエサやり問題?法規制では解決できない

20080920.jpg

野良猫へのエサやりに初の罰則、東京・荒川区が禁止条例案(2008年9月19日 読売新聞)の記事を受けて。

犬が野良犬と飼い犬に分けられるように、猫も野良猫と飼い猫に分けられると考える人がいる。しかしこれは間違いだ。猫は犬のようにハッキリと線引きができない動物だ。

飼い猫でもなく野良猫でもない猫が現実にたくさんいる。
これはどういうことかというと、1匹の猫がある時は飼い猫であり、ある時は野良猫だったるするということだ。半野良とか通い猫とか呼ばれている。

猫というのはフラリとやってきて、居心地がいいとその家に住み着く。居心地が悪くなるとまたフラリと出ていく。エサ場と寝場所を何軒ももっていて、巡回して歩く猫もいる。

同じ猫がある家ではタマちゃんと呼ばれ、別の家ではミーコと呼ばれて可愛がられている。そういうケースは少なくない。

この場合、
人間の方に猫を所有しているという意識が薄い。猫も特定の人間に飼われているという自覚がない。自由気ままである。飼い主を選ぶのは猫の方だと言わんばかりである。猫とはそういう特性をもっている。

人との付き合い方も犬とは違う。主従関係というより、共存する仲間といった関係だ。こういう飼育形態は昔から続く日本文化のひとつである。

近年、室内飼い猫が増えてきた。行政もそれを奨励している。しかし長年の猫文化はそう簡単には変わらない。いまだに外に出かけていく猫の方が多い。

条例でエサやり禁止にした場合、野良猫なのか飼い猫なのかの線引ができなければ取り締まりはできない。国の法律では飼い猫にエサを与えないのが違法となる。今のところ猫にはこの線が引けない。法律家や役人が机上で考えることと実態はかなり違う。
この問題は法規制でなく、文化として緩やかに変えていくしかないのである。

この件で東京都荒川区では9/21?10/14パブリックコメントを募集します


banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/20(土) 03:41:50|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

のら猫グッズ

20080919.jpg
パソコンをウィンドウズVistaに変えてから、「フォトショップ」が使えなくなっている。代用として無料のソフト「Paint.NET」で作業してみる。プラグインをダウンロードすると「フォトショップ」のファイル型式で保存することもできる。いじくっていたら中間色の表現にアミが使えるのがわかった。これだと1色だから1回のプリントで済むと思うのだが。


banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/19(金) 13:12:48|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

猫の名前は今年のキーワード

tumani2.jpg
猫の名前にその年のキーワードをつける人がいる。
今年の予想は「ポニョ」「グーグー」と「北京オリンピック関連」
10年以上すると、人の記憶はあいまいになる。
猫の正確な年がわからなくなる。
そこで
キーワードを名前にすると、後で調べれば年号がすぐにわかる。


banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/16(火) 10:25:14|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

TNR Tシャツデザイン

20080915.jpg
ブログに描いたイラストを使ってバーチャルの世界で作ってみる。
ここまではお金も時間もかからない。
実際に作り販売するとなると、お金も時間も労力もかかるな。
売れるかどうかも賭けになる。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/15(月) 10:16:43|
  2. TNRの研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

野良猫だって猫である

200809122.jpg
グーグーも猫かもしれないが、野良猫だって猫である。
オリジナルのTNR Tシャツでも作ろうかと、ふと思いついた。
どんなデザインがいいか模索中。
Trap-Neuter-Returnのロゴは入れるつもり。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/12(金) 21:54:11|
  2. TNRの研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

動物愛護の歴史

先月父が亡くなりました。
82歳でした。
父は日本の動物愛護の歴史に深く関わってきました。

今日神奈川動物愛護協会の50周年イベントに行ってきました。
日本の動物愛護の歴史を展示してありました。
戦後、狂犬病を日本から撲滅するために闘っていた人々がいました。父はその中の一員でした。当時保健所の職員でした。
退職後は野良猫の不妊手術に取り組みました。

私が今このような活動をやっている原点は父にあります。
人間の都合で殺されてきた動物たちをなんとか減らしたい。
そういう思いは世代を超えてつながってきています。

いまや行政も動きだしました。
やがて、この動きは全国に広がります。
先人たちの努力がいつか結実する日がやってきます。

今書きたいことがたくさん頭の中で渦巻いています。
動物と人間が関わってきた歴史は、次の世代に伝えていかなくてはなりません。
不幸で悲しい場面もたくさんありました。
明るい未来が来るように、努力するつもりです。
つたない絵と文章で描く予定です。
余裕ができるまでしばらくお待ちください。




テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/07(日) 20:39:24|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26

FC2Ad