FC2ブログ

地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

猫のツメに見る老化現象

20080406.jpg

猫の爪切りをする。
若い猫の場合2週間もすると爪が伸びて元に戻ってしまう。
ツメを切らないでいると、先の方の古いツメがサヤのように抜けて落ちる。バリバリ爪とぎなんかをしているうちに落ちるらしい。

年寄り猫の場合。爪切りをすると元に戻るまで何ヶ月もかかる。ツメの新陳代謝が悪いのだ。
さらに古いツメが抜け落ちないでくっついていることがある。抜け落ちないと、羊の角のようにとぐろを巻いて肉球にくい込む。突き刺さると化膿する。
こういうツメの症状は15才以上の老猫に多い。老猫は3?4ヶ月に1回はツメを調べてやる必要がある。

以上のことから、ツメの状態からも老化現象が推測できる。

テーマ:ねこ大好き - ジャンル:ペット

  1. 2008/04/06(日) 19:15:06|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4