FC2ブログ

地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

妊娠猫のTNR

200803302.jpg

桜が咲く時期と猫の出産は毎年重なる。
毎年3月はメス猫の多くが妊娠している。妊娠猫のTNRにはいろいろな意見がある。
妊娠猫の不妊手術は堕胎ということになる。堕胎には抵抗感を持っている人がたまにいる。宗教とかの問題が関わることもある。人間のケースを持ち出す人もいる。

いったいどこで線を引いたらいいのか?
TNRを始めたばかりの人は大いに迷う。
野良猫の場合、妊娠かどうかを判定する明確な基準がない。外から見て、お腹が大きそうだからそろそろうまれるのでないか、といった、かなりアバウトな判定である。単なる肥満が妊娠と間違われることもある。胎児の数が少ないと妊娠が出産までわからないケースもある。
妊娠猫の不妊手術はやらない主義だと言う意見もある。しかしどこで見分けるのかはむずかしい。受胎から1ヶ月くらいの間は見ただけでは誰もわからないのだ。捕獲した猫をすべてレントゲン検査やエコー検査をするというのは現実にはやられていない。検査しても1ヶ月以内の妊娠はわからないことが多い。検査をして妊娠がわかった場合、リリースして次に捕獲できる保証はない。

長く猫ボランティアをやっている人たちは、経験的に線を引く場所が決まっている。
それは出産である。出産まではTNRの努力を続ける。
産道を通り母体から出て、空気を吸って産声を上げた所に一線を引く。生まれ出でた命は何とか育つように応援し努力する。子猫がうまく育てば良い里親が見つかるように努力する。母猫の次の妊娠は
絶対に阻止する。
現実にやられているTNR活動のほとんどはこれである。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2008/03/30(日) 22:05:14|
  2. TNRの研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3