地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

凡太郎の野良日記6

bontaro6.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/06/30(木) 20:41:15|
  2. 凡太郎の野良日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

凡太郎の野良日記5

凡太郎の野良日記4

凡太郎の野良日記3

凡太郎の野良日記2

凡太郎の野良日記1

さまざまな野良猫現場

2005062605.jpg

今朝は猫の餌やりさんに、広範囲のエサ場と猫たちを紹介してもらった。
広い範囲にエサを配達する餌やりさんは、それほど多くない。
普通は狭い範囲でのエサの配達が多い。
徒歩と自転車の差があるのだろう。

新たな猫の居場所を教えて貰って、これから良い写真が撮れる。
しかし、これは他の人には秘密である。
野良猫の多くいる場所は、公表してはいけないのである。

知られてしまうといろいろと不都合が起こるからだ。
  1. 2005/06/26(日) 21:13:51|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

猫耳V字カット

2005062601.jpg

2005062602.jpg

リクエストがあったので猫耳カットのV字カットの画像をアップ。

外猫たちに応援の1票をbanner_021.gif
  1. 2005/06/26(日) 19:18:50|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

Tシャツ

tshirts211.gif

猫っ鼻:「Tシャツとは」トラックバック

数年前考えたTシャツデザイン。
FERAL CATとTNRのロゴを付けてみた。
製品にはまだなっていない。
イベントなどで売って資金集めと啓蒙活動の両方を狙っていたのだが、計画倒れでお蔵入り。

使いたい人はどうぞ申し出て下さい。無償で提供します。
  1. 2005/06/25(土) 22:09:40|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

野良猫のノミ対策

2005062501.jpg

猫のノミ対策には良い薬が各社から出ている。動物病院で入手できるノミ駆除薬は、いずれもかなり信頼度が高い。

飼い猫では背中に垂らすスポット製剤が簡単で効果が絶大だ。(フロントライン、アドバンテージなど)しかしさわらせない野良猫には失敗する可能性が高い。
警戒心が強いので近づくと逃げる。
怪しい動きをすぐに察知する。

このような野良猫にはエサに混ぜて飲ませるタイプのノミ駆除薬が失敗が少ない。
プログラムA」でノミの成虫を殺し、1ヶ月効果の持続する「プログラム」でノミの卵やサナギの発育をストップさせる。
これも効果は絶大だ。
薬の嗜好性も良く、混ぜたエサを食べない猫はほとんどいない。
1回分で使える体重にかなり幅があるのも便利だ。薬を混ぜたエサを体重1キロの子猫が食べても安全だし、体重11キロの巨大猫が食べても効く。
エサ場に来る猫すべてにノミ対策をやるには、たいへん効果的な薬だ。

あるエサ場の野良猫全部に、ノミ成虫用プログラムAを使ったことがある。1ヶ月間隔で2回やったところ、そのシーズンのノミ寄生がほとんどなくなった経験がある。

毎年、梅雨明けがノミ大発生の時期と重なる。地面に落ちているノミの卵がいっせいに孵化するようだ。
その前に一度ノミを叩いておくと効果的だ。


お役に立てましたらぜひ1票banner_021.gif


  1. 2005/06/25(土) 07:53:26|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

犬とカラス

2005062301.jpg

野良猫関連で、迷い犬と羽の抜けたカラスの話が入ってくる。
同じ動物愛護だけど、少し専門が違うから詳しくはない。
犬はネット上に情報がないか調べてみるが、該当なし。

柴犬、10キロくらい、首輪なし、白内障あり、推定10才前後。

まだ大人になりきっていないカラス、尾の羽がむしれている。もしかすると猫にいじめられたかもしれない。
カラスは無断で飼育できない鳥なので、行政の担当部署に届けなくてはいけない。
野良猫とカラスの両方に関わっている人の話だと、エサは九官鳥用のフードが良いという。
  1. 2005/06/23(木) 10:21:04|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

迷い猫か捨て猫か

2005062201.jpg

さて、
写真の猫である。
繁華街に現れた人馴れしたアメショめす。
迷い猫の可能性も高いので、警察、保健所、近くの動物病院への問い合わせをする。
該当猫はなったけれど、ペット不可の住居で密かに飼われていて、届けが出せなかったケースもある。

貼り紙をして、1週間くらいで飼い主が出なければ、里親募集に切り替える。
これくらいハッキリしたアメリカンショートヘアのシルバーならば、里親希望者はきっとあるだろう。
  1. 2005/06/22(水) 13:08:47|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ネットワーク作り

2005062101.jpg

地域猫のネットワークを作ることに試行錯誤していた。
情報はあるのだが公開できないものも多い。
不特定多数に知られたくない内容もある。
地域猫反対派の動きも気になる。
場所が特定されると捨て猫が増える可能性もある。
猫ボラさんの個人情報も一般には漏らしたくない。
いろいろ調べてやってみたけど、
ブログもSNSも登録などが複雑でいまいちだった。
パスワード入室制限付きでロボット検索回避の掲示板が、今のところベストではないかと思い始めている。
閉鎖的なネットワークの必要性も感じている。
  1. 2005/06/21(火) 08:45:16|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森の蚊対策

2005061901.jpg

森の猫の「蚊刺症」対策は毎年いろいろやってみた。
最初はステロイド外用薬塗布だった。
これは繰り返し蚊に刺され続けてる間は完治できなかった。猫も薬をつけられることに警戒心を強めて逃げるようになってしまった。
次は内服薬でアレルギーを抑えようと試みた。
やはり蚊の季節が終わるまで完治できなかった。猫もエサの中の薬にしだいに警戒心を強めて食べなくなってしまった。
次にキャトニップの蚊の忌避効果に期待した。
猫がキャットニップですりすりして、葉の有効成分を体に付ければ、蚊が寄りつかないのではないかと考えた。
しかし日照と土壌と他の雑草との生存競争の関係で、キャットニップはうまく育たなかった。

今回考えたのは、IGR作戦。
蚊に有効なIGRにメトプレンが知られている。これはノミ駆除薬「フロントラインプラス」に含まれている。しかしフロントラインは血中に成分が入るわけではない。
吸血させて昆虫に作用するIGRというと「プログラム」のルフェヌロンがある。これが蚊に有効かどうか資料は見つけられなかったが、もしかするとという思いもある。
本日、ノミ対策として「プログラム」を森の猫8匹に内服させた。吸血した蚊の卵が生育不能になる期待も込めている。

banner_02.gif
  1. 2005/06/19(日) 20:21:58|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

第二回野良猫を考える会

2005061902.jpg

第二回野良猫を考える会
新たな強力なメンバー2名を加え十数人が集まる。
地域猫への道は試行錯誤をしながら動き始めている。
9月には行政を交えた会合が予定されている。
世の中は徐々に変わり始めている
  1. 2005/06/19(日) 19:51:20|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野良猫問題は人の問題

2005061801.jpg

国宝も泣いている」へトラックバック

私の経験では野良猫問題発生場所をマスコミに取材させてはいけない。観光地の場合なおさらで、遠方より見物にやって来る人がいる。見るとエサを与えたくなる人間は多い。
遠方より捨て猫しに来る悪い人間もいる。エサがもらえる場所なら生きていけると勝手に思い込む。一匹くらい増えても良いだろうと思い込む。犯罪であることを知らない。

ゴミが多い場所にゴミを捨てるのは抵抗ないが、きれいな場所には捨てられない。
人間は皆そういう心理がある。
  1. 2005/06/18(土) 08:01:39|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年の子猫

2005061702.jpg

NPOのSさんと話していたこと。
今のところこの地域の子猫はみな状態がよい。
蚤も少ない。
猫カゼも少ない。
目がつぶれている猫も少ない。

だいたい野良猫の子猫は蚤が大量にいて、猫カゼで目がつぶれていて、栄養状態も悪く、というのが多かった。

ノミや伝染病に対する予防医学が進んで、野良猫もその恩恵を受けているようだ。
TNRも進んでいるから、子猫保護情報も減ってきている。
といっても、
猫ボランティアさんが里親探しをやった数は、すでに数十匹に及んでいる。

このまま良い状態が続いてくれると良いのだが。
  1. 2005/06/17(金) 10:13:05|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

世界遺産でも野良猫問題

2005061601.jpg

YAHOO!ニュースー国内トピックスー人と動物ー「国宝も住民も泣いている?猫のふん害深刻

世界遺産「古都奈良の文化財」にも登録されている寺が、野良猫やハトのすみかとなり、近隣住民がふんの害などに悩まされているらしい。門の周囲には人が入らないよう、さくが張り巡らされているが、猫はさくをくぐって自由に出入りでき、雨風をしのげるほか、住民や観光客からも餌をもらったりして繁殖したらしい。捨て猫をするケースもあると見られ、地元自治会は寺と協力して「えさをやらないで」と立て看板をたてるなど対策に乗り出す。


Yahooニュースは記事の下に「町会長のための野良猫講座」をリンクしてくれている。
観光地となればエサやりは不特定多数だから、啓発するのはむずかしいだろう。
自治会と寺には、看板よりもまずTNRをやる必要を知って貰いたい。
「エサをやるから増える」のではなく「手術しないから増える」のだ。
こうやって看板を立てたり、ニュースになって所在地が有名になると、応援もあるが新たな捨て猫が増える副作用もある。

写真は記事と関係ありません。
  1. 2005/06/16(木) 05:57:59|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

虎かライオンか

2005061001.jpg

猫は虎のように単独で生活する。
猫はライオンのように群で生活する。

どちらも正しいのである。
虎が単独行動する理由は、エサとなる獣が少ないと同じナワバリにいると共倒れするからである。
ライオンが群をつくるのは、エサとなる獣が大きくて、集団で狩りをした方が都合が良いからである。

猫はどちらにも適応する。
狩りをするとすればネズミや小鳥であるから、集団で狩りをする必要はない。

とすると虎タイプの単独行動ということになるが、実際はよく群をつくる。
猫は狩猟行動がなくても生きていけるものが多い。
ひとつのエサ場に適正な数ならば、共同で生きていける。ライオンの群とは理由が違うが、群をつくった方が都合がよい何かがある。

ひとつのエサ場でエサにありつき、子育てをしているが、数が増えると多の地域へ散っていく。
隣接地域に同じような猫の群があれば、そこで闘争が起こる。

猫の行動は、繁殖と食糧確保がすべてである。
同じ猫の仲間でも、野良猫は人間との関わりで、また特異な進化をしている。

猫が野生動物と一線を画すのは、人との関わりが濃厚になってしまった結果である。
もはや後戻りすることは難しい。
  1. 2005/06/15(水) 08:47:12|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺のナワバリ

2005061401.jpg

バブルがはじけてから、利用していない土地を持っていると損をするようになった。
整地され細かく分割して、ミニ住宅として売りに出される。
ミニとは言え普通の人には一生をかけた大きな買い物である。
新居に入れば車を買い、ささやかな庭に花も植える。

夢のマイホームを手に入れた人は、
そこに野良猫たちが暮らしていたことを知らない。
暮らし始めて気がつくのである。
「何て野良猫の多い所なんだ。」

車を傷つけられたと怒る。
花壇を荒らされたと怒る。
野良猫なんとかならないのか、と悩む。

怒りのはけ口は保健所とエサやりに向かう。
「野良猫にエサをやるな!」
で始まるおきまりのパターンである。

野良猫問題の発生には人間の経済活動が深く関わっている。
土地に境界線を引いて、「ここは俺のものだ」と言っても、
猫にはまった理解できない。
猫の世界では、目には見えないナワバリの境界線が別にある。

「人間とは不可解な動物である」
と、猫の目には映るにちがいない。
  1. 2005/06/14(火) 08:17:19|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

高層ビル

2005061301.jpg

昨日は以前から気になっていた疑問が解けた。
家から見える高層ビル。
建設中だったのは知っていたが、どうやらできあがったようだ。
自転車で目指して行ってみる。非常に目立つ高層ビルなので、東西南北を知る指標となる。
かなり近づいてビルのロゴが読めた。
NECだったのか。
NECルネッサンスシティ

走行距離41キロ。
  1. 2005/06/13(月) 09:02:54|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

町会長のための野良猫講座

2005061201.jpg

町会長のための野良猫講座
昨年連載で書いていたコラムをまとめた物である。
各地のイベントで使いたいと申し出があった。
日本捨猫防止会からもオファーがあり、
今回有料での頒布に応じた。(B5版10ページ1部100円送料込み切手可)
世の中の役に立っているという知らせが来ると、うれしいものである。
また、次の何かを作ろうと考えている。

banner_02.gif
  1. 2005/06/12(日) 20:01:51|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

100年前の予言

2005061101.jpg

文部科学省の平成17年版科学技術白書第1章第1説のコラムNo2「二十世紀の予言」が先日報道されていた。

100年前に予言された科学技術23項目のうち かなりのものが現実となっている。
現実となっていない項目に、猫に関連するものがある。

「人と獣の会話自在」:獣語の研究進歩して小学校に獣語科あり、人と犬猫猿とは自由に対話することを得るに至り、従って下男下女の地位は多く犬によりて占められ、犬が人の使いに歩く世となるべし。
「蚊および蚤の滅亡」

蚊と蚤はあと100年後には滅亡しているかもしれない。
猫語を解する人間は既にいるような気がする。
ただ人間が猫の下僕となっているのが多い。人が猫の使いに歩いている。

  1. 2005/06/11(土) 08:19:03|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

猫仲人連盟

2005061002.jpg

結婚の仲介はしません。
里親と里子の縁結びです。

猫仲人連盟の最低限のルールは2つ。
里親さんの飼育環境を確認するためにお届けすること。
繁殖制限に同意してもらうこと。

これ以外にもたくさん条件をつける人もいます。
甘すぎる審査は里親詐欺に引っかかります。
厳しすぎる審査は縁が遠のきます。
どこまで条件を付けるか、人それぞれです。

終生飼養、完全室内飼い、お届け地域限定、身分証明書提示、定期的に報告義務、定期的なワクチン接種、持ち家一軒家限定、高齢者不可、独身男性不可、共稼ぎ夫婦不可、幼児のいる家庭不可、・・・

「アツモノに懲りてナマスを吹く」という感じのものもあるが、批判して仲間割れしてはいけない。
人それぞれに理由があっての条件ですから。
  1. 2005/06/10(金) 12:19:08|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

猫の時間

2005060901.jpg

いつもエサを配達してくれるオバちゃん。
猫の年で言うと9才くらいかな。
たまにやって来て写真を撮っていく怪しいオジサン。
猫の年で言うと8才くらい。
となりの学校で遊んでいる子供たち。
猫の年で言うと生後5ヶ月だな。
前のコンビニで猫エサ買ってくれるオネエサン。
猫の年で言うと2?3才だな。
朝6時半にこの前を集団で通るお婆さん。
猫の年で言うと13才以上だな。

俺かい?
人間の年で言うと40才くらいかな。
  1. 2005/06/09(木) 08:27:17|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

猫の室内飼い

2005060801.jpg

ある行政が広報に「猫は屋内飼育が基準です」という文を載せたところ、これが誤解されて流言飛語が流れたことがある。
「猫が外に出ることは禁止になったらしい」とクチコミで拡がった。
これに対して、「けしからん」という意見が多くあった。
現在、法律も条令も猫の放し飼いは禁止されていない。ただ室内飼いが奨励されているだけである。強制力も罰則もない。

「猫は自由に外に出る権利がある!」
と思う人は実際かなり多いのである。
サザエさんの飼い猫タマも自由に外へ出ている。室内飼いはまだ文化として根付いていないようだ。

室内飼いだと交通事故もないしケンカや伝染病もないから長生きできるよ。とみんなに勧めているのだが、なかなか飼い方を変えるのは難しい。
室内飼いが当たり前になるには、まだ何十年かかかるだろう。

外猫たちに応援の1票をbanner_021.gif
  1. 2005/06/08(水) 08:54:27|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夜の猫写真

2005060701.jpg

夜の猫を撮影するのに試行錯誤を繰り返している。
とにかく失敗が多い。
ストロボを使うと目が光る、遠くまでは光が届かない。
だから基本的にはストロボオフにしてある。

リコーのCaplio R1Vでストロボオフ、ISO800にして、ベンチにカメラを固定しセルフタイマーで撮影。
PCに取り込んでから、明るさとコントラストを調節して絵ができあがる。

分かってきたことは、
街灯の真下だとISO200で充分明るい絵が撮れる。
街灯からだいぶ離れるとISO800でも真っ暗。

暗いとシャッタースピードがかなり落ちるので、手ブレする。
固定とセルフタイマーは手ブレ対策。

夜の野良猫写真はやはり難しい。
  1. 2005/06/07(火) 13:23:39|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野良猫の法則2

2005060501.jpg

「6月の子猫はよく売れる」法則

売れると言ってもペットショップの商売の話ではない。
里親探しのボランティアの事だ。

子猫を飼いたいと思った人が、探してもなかなか見つからないのが、11月から4月の間。この時期適齢期の子猫は本当に少ない。
子猫は毎年5月後半から出始め、待っていた空席に次々に供給されていく。
6月の子猫は生後2ヶ月を過ぎたあたりの、一番かわいい盛りである。待っていた人の熱と子猫の魅力がうまく合致する。

このうれしい状態がいつまでも続かないのを、経験者はよく知っている。
年間を通してみれば、子猫はまだ供給過剰である。


banner_02.gif



  1. 2005/06/06(月) 20:54:01|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

緑の季節

2005060502.jpg

午後は夕立が来るという予報だったので、早朝から自転車で走る。
お山の猫たちを見て回る。
知り合いのエサやりさんがいたので、猫の姿が多く確認された。
広い山だから時間がずれると、猫に会うことが難しくなる。

川に出て河口まで下る。
心地よい緑の風が吹いている。
中州にはカニの穴が無数に開いている。

帰りに里親会にちょっと顔を出して、情報交換。
里親希望の方がけっこう来ている。

夕立も雷もなく、走行距離40キロ。
2005060601.jpg

  1. 2005/06/05(日) 20:19:26|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IGR

2005060401.jpg

IGR剤(Insect Growth Regulator;昆虫成長抑制剤)
ノミ駆除薬として近年使われ始めた薬。
薬剤耐性の問題を減らすため、新しいタイプのフロントラインやアドバンテージに加えられた成分。

昆虫を直接殺すのではなく、卵や幼虫の発育を抑制する薬剤。
昆虫の表皮を作っているキチンの生合成を妨げたり、変態や脱皮に係わる幼若ホルモンと似た物質によって変態の進行を妨げる。
卵は孵化できず、サナギは脱皮できない。

ノミ以外にハエ、蚊、ゴキブリ、農業害虫にも応用範囲が広がっている。
殺すと言うよりも繁殖を止めるという考え方は、野良猫のTNRに似ている。

banner_02.gif
  1. 2005/06/04(土) 08:33:48|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。