FC2ブログ

地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

地域猫活動のすすめDVD

地域猫活動のすすめDVD

保健所と地域住民で地域猫が始まった。
町会長は心配そうに見ている。
立場によっていろいろな視点がある。

猫と共存できる地域は、人にも優しい。
ノラ猫で困っている地域にぜひ!

第1部 特別講義「黒澤泰による地域猫活動のすすめ」(20分)
第2部 ドキュメンタリー映画「地域と猫と人間と」(34分)
第3部 対談「黒澤泰が選ぶ! 地域猫のよくある失敗・ベストテン」(23分)

●このDVDを購入した図書館、自治体、各種団体が貸出や上映を行うことを許可致します

「黒澤泰&飯田基晴の地域猫活動のすすめ」DVD予約受付開始!


  1. 2018/09/20(木) 15:49:13|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地域猫すごろく~ふり出しに戻らないために

地域猫すごろくc2

野良猫を地域猫という人がいるが、それはちがう。
不妊手術をすれば地域猫と思っている人もいるが、それもチョットちがう。

TNRをやっても、数年放置しておくとまた振り出しに戻る。
経験を積んでる猫ボラさんの多くは、このことに気がついている。

陸地と隔絶した島であれば、一度のTNRだけでもいいだろう。
しかし隣接地から猫の侵入を防げない所は、放置すると数年で振り出しに戻る。
増やさないためには、継続的な管理が必要なのだ。
そこで考えられたのが地域猫。

住民、行政、ボランティアの3者が協働すればずっと管理しやすくなる。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
  1. 2017/11/01(水) 15:33:14|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近年のノミ対策~地域猫の考え方に似ている

ノミと地域猫c

今のノミ駆除薬にはノミの繁殖を止める成分が含まれているのがある。
(例:フロントラインプラス、レボリューション、ブロードライン)
具体的にいうと卵が孵化できなかったり、幼虫がサナギになれなかったりする。
成虫まで発育できないので次の繁殖はない。
駆除成分だけだと、死なないで生き残るノミが出てくるのだ。
薬剤耐性問題である。

生き残ったノミが子を産むと、その子も薬剤に強い遺伝子を持っている。
繁殖を繰り返し子孫が増えると、薬はやがて効かなくなってしまう。

そこで、
「生き残ってもいいじゃないか、繁殖さえ止まれば。」
という考え方が出てくる。

ノミの寿命は数週間と言われているので、そこをガマンしてくれれば自然消滅する。

ただし
薬の有効期間は1か月なので、

「1~2回やって放置しておくと、また新たなノミが飛び付いて増えますよ。」
「完全室内飼いか定期的な投薬をしないとだめですよ。」
ということを忘れてはいけない。

この話は
「TNRやっても放置しておくとまた増えますよ。外猫の管理はずっと続けてくださいね。」
に似ているではないか。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
  1. 2017/10/10(火) 21:15:18|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地域猫セミナー 東京都品川区2017/6/11

地域猫物語~登場人物~猫を見て何を思うか人それぞれ

登場人物_convert_20170313161336

地域猫物語の登場人物

視点が違うと見え方も違ってくる
たまには違う視点の話を聞くのも必要


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
  1. 2017/03/13(月) 16:21:41|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ふるさと納税で蛇口を閉める~島根県浜田市

バケツと蛇口_convert_20170306113322

ふるさと納税で、犬猫の対策をやるところが出てきた。

参照 ふるさとチョイス
ふるさと納税で犬や猫の命を守ろう
https://www.furusato-tax.jp/feature/b15_1215.html

これを見ると
お金の使い方は自治体によっていろいろあるようだ。

■新しい動物愛護センターや収容所を作る
■愛護団体の里親探しを支援する
■動物愛護の啓発活動をする
■不妊手術助成金

気になったのは譲渡促進策がやたら目につく
繁殖制限にふれていない所も多い

ハコモノや収容先を増やすことよりも
蛇口を閉めるのが優先だろう

ふるさと納税はTNRに使ってもらいたい、
という人もいるだろう

島根県浜田市の取り組みが紹介されていたので記事を貼ります。
浜田市ふるさと納税記事_convert_20170306114846

島根県浜田市
「浜田動物愛護会☆マーブル」さんのブログ記事から画像をお借りしました
http://plaza.rakuten.co.jp/inunekokai/diary/201702230000/


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

  1. 2017/03/06(月) 11:56:15|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

エサやりが幸せな街が地域猫の成功例〜石森語録

石森氏1_convert_20170227115950

「エサやりが幸せな町が地域猫の成功例」


2017/2/25
江戸川区地域猫セミナーにて
講師 石森信雄氏の言葉

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
  1. 2017/02/27(月) 12:04:46|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

地域猫宣伝おもしろグッズ~TNR猫うちわ

TNRうちわA

2014年保健所のアイディアで作成した猫うちわ。
イベント会場で子供に配布して、
別の紙にプリントされた耳を切り抜いて、
うちわに貼り付けてもらう。

耳カットが入った猫うちわの出来上がり。

「シナトラ」という愛称もついた。

TNRうちわB

裏面は、
保健所が取り組んでいる地域猫対策の宣伝が書いてある。

地域猫はクチコミで広がる。


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村




  1. 2017/02/18(土) 09:56:46|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オスばっか捕まるのはなぜか

オスばかり_convert_20170206190405

この季節、未去勢のオス猫がメスを探し回っています。
不妊手術が済んでいて、発情するメス猫がもういなければ、用がないのでただの通りすがりです。
でも置きエサがあると、覚えていて定期的にやって来ます。

地域猫も後半はメスが入らなくなり、
警戒心のないオスがよく入ります。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村


  1. 2017/02/09(木) 17:46:12|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なぜまた増えたのか~猫屋敷TNRから5年

猫屋敷_convert_20170117125916

猫屋敷の外出自由猫
以前からトラブルが多くあった。

5年前、住民が動いて
遠方の猫ボランティア団体に出張TNRをやってもらった。

今回また増えていると住民から保健所に相談が入る。

12月17日 地域センターで臨時集会を開催。

2つの町内会住民12名と保健所職員2名と区内猫ボランティア3名が参加。

住民からの意見
「今すぐに猫がいなくなってほしい」
「保健所が捕獲して処分してほしい」
「処分できるように法律を変えてほしい」
「弁護士や裁判所で解決してもらえないか」

今できることとできないことを保健所が説明

春に猫の出産ラッシュが来るので、それまでに繁殖を止めないとさらに事態は悪化する、
と猫ボランティアから説明

また増えた原因

地域猫を継続管理するボランティアが育っていない
猫の台帳が不明で、増えた猫がどれかわからない
TNRの時期によって、耳カットと無印が混在している
猫屋敷の住人はTNRに同意しているが、あまり積極的ではない

対策

まず春の繁殖を何としても止める

2つの町内会と
保健所と
近隣の猫ボランティアさん
の三者協働で地域猫対策を実施

具体的には

手術助成金制度を利用してTNRを実施
猫の台帳を作り猫の数を調査して、住民も管理できるようにする


考察

住民は猫や法律についての情報をほとんどもっていない。
専門家にお願いしないと何もできないのが現状。

猫ボランティア団体はTNR以後の管理まではできないので、
継続できる地域のボランティア育成が必要。


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

  1. 2017/01/17(火) 13:16:19|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

FC2Ad