FC2ブログ

地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

「のらねこ学入門」2019年3月31日で終了します



2001年1月にスタートしたホームページ「のらねこ学入門」はYahoo!ジオシティーズの終了に伴い2019年3月31日で閉店となります。一部のコンテンツだけfc2ホームページに移転し残します。看板も「地域猫入門」と変えます。

写真は18年前に作った最初のページ。
このときはパソコンでホームページを読む時代でした。時代の変化で内容もかなり古くなっています。「のらねこ」という言葉も時代に合わなくなってきたように感じます。世代交代も考えて、スマートホンで読みやすい地域猫の入門書を目指す予定です。


  1. 2018/10/26(金) 16:54:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地域猫活動のすすめDVD

地域猫活動のすすめDVD

保健所と地域住民で地域猫が始まった。
町会長は心配そうに見ている。
立場によっていろいろな視点がある。

猫と共存できる地域は、人にも優しい。
ノラ猫で困っている地域にぜひ!

第1部 特別講義「黒澤泰による地域猫活動のすすめ」(20分)
第2部 ドキュメンタリー映画「地域と猫と人間と」(34分)
第3部 対談「黒澤泰が選ぶ! 地域猫のよくある失敗・ベストテン」(23分)

●このDVDを購入した図書館、自治体、各種団体が貸出や上映を行うことを許可致します

「黒澤泰&飯田基晴の地域猫活動のすすめ」DVD予約受付開始!


  1. 2018/09/20(木) 15:49:13|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猫の年齢~人間だと何才?

子猫希望の方へ

子猫希望の方へcc

譲渡会に子猫を探しに来る方が多くいます。
でも子猫のいる季節といない季節があるのです。
ペットショップのように一年中子猫がいることはありません。
多くの子猫は春に生まれます。

譲渡会では終生飼養をお願いしています。
15~20年後に自信の持てない方は、成猫を選択肢としてお考えください。

  1. 2018/04/24(火) 14:09:38|
  2. 猫もらい手探し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生後5か月の歯~ここから何がわかるか

生後5か月の歯

保護猫の譲渡会では誕生日のわからない猫が多く参加している。
一度獣医師の診察を受けているが、それでもあくまで推定年齢であって正確なところはわからない。

プロフィールに生後3ヶ月くらいと書いてある子がいた。
体重は2kgくらいで、見た目は確かに3~4ヶ月の子猫だ。
しかし歯を見ると全部永久歯に生え変わっている。
体は小さいが生後6か月は過ぎていることがわかる。

となりのケージにいる子は誕生日がわかっていてちょうど生後5か月。
乳歯と永久歯が両方生えている。
乳歯は細く先端は鋭い。
永久歯は太く先端は丸みを帯びている。
1ヶ月ぐらいの期間ですべて生え変わる。

生後6か月を過ぎると間もなく発情が来る。
体のサイズだけで年齢を判断すると、不妊手術のタイミングを逃すことがある。


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

  1. 2018/01/12(金) 16:49:59|
  2. 猫もらい手探し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

手術完了書はがき

手術完了書2

保護猫の譲渡会は「飼い主のいない不幸な猫を減らす」のが目的だ。
ここから譲渡された猫からは絶対に繁殖させてはならない。

譲渡する前に不妊手術をするところもある。
しかし早期不妊手術がまだ一般的とは言えない状況では、子猫の参加が難しくなってしまう。
多くの子猫は譲渡後に里親さんが不妊手術をすることになる。

猫を飼うのが初心者だと、不妊手術の時期がわからない。
地元の獣医師に問い合わせることになるのだが、病院によって手術適齢期がみな違う。
「離乳してればいいよ」から「最初の発情が済んでから」まである。
要は繁殖が阻止できればいいのだが、
譲渡した保護主としては手術の約束が守られているか不安になる。

未手術の猫は譲渡の時に手術完了はがきを一緒に渡し、
手術完了の報告をお願いしてください。


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村




  1. 2017/12/07(木) 12:15:58|
  2. 猫もらい手探し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地域猫すごろく~ふり出しに戻らないために

地域猫すごろくc2

野良猫を地域猫という人がいるが、それはちがう。
不妊手術をすれば地域猫と思っている人もいるが、それもチョットちがう。

TNRをやっても、数年放置しておくとまた振り出しに戻る。
経験を積んでる猫ボラさんの多くは、このことに気がついている。

陸地と隔絶した島であれば、一度のTNRだけでもいいだろう。
しかし隣接地から猫の侵入を防げない所は、放置すると数年で振り出しに戻る。
増やさないためには、継続的な管理が必要なのだ。
そこで考えられたのが地域猫。

住民、行政、ボランティアの3者が協働すればずっと管理しやすくなる。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
  1. 2017/11/01(水) 15:33:14|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家庭内ノラって何?~気配はするが姿は見えず

家庭内ノラc


「愛情があればなれない猫はいない」

そう信じて手術した猫を室内で保護した。女性50才台。
あれから10年。
努力をして試行錯誤を繰り返したが、やはり猫はなれないままだ。
さわることはできない。
人がいるときは猫はどこかに潜んで出てこない。
家族は誰も猫を見たことがない。

エサがなくなっているのと、トイレの跡で生存しているのを知る。
猫は夜間、人いない時間帯に活動している。
こんな家庭内ノラは幸福なのだろうか。

手術直後にリリースしておけばよかったのか。
でもあの時、外猫への苦情が多く近所の手前リリースしにくかった。
年月がたった今さら、外では暮らしていけないだろう。

多くの外猫を手術したり里親探し活動もやってきた。
なれる猫は多いが、なれないのもいる。
見きわめはベテランでも難しい。

家庭内ノラで特に困ることは、病気の時と引っ越しの時だ。
どうしても捕獲しなければならない。

捕獲器を借りて室内に設置するが、病気で食欲がない猫はまず捕獲できない。
衰弱して手で捕まえられるようにならないと、病院に連れて行くこともできない。

引っ越しでは立ち退きの予定日を過ぎても猫が捕まらない。
家具がなくなって隠れる場所がなくなっても逃げ回る。
引っ越し業者が行ってしまっても、猫の為に賃貸契約を延長しなくてはならない。
一週間後にやっと捕まり、東京から九州まで運んだ。

家庭内ノラを抱えている猫ボラさんはだいぶいる。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
  1. 2017/10/17(火) 17:09:29|
  2. 猫ボラ講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネコヅメのひみつ~人間だったらかなり不気味

ネコヅメのひみつc

イラストを書き直ししました。

ネコヅメについて考察する。

普段はツメは格納されている。
使用時にツメが飛び出す。

これはたぶん誰でも知っている。
解剖学的にはどうなんだろうか、構造についてはいまいちよく理解していない。
絵で描いてみるとよくわかる。
歩行と捕獲と木登りには実に合理的な仕組みだ。


  1. 2017/10/16(月) 17:40:19|
  2. 医療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近年のノミ対策~地域猫の考え方に似ている

ノミと地域猫c

今のノミ駆除薬にはノミの繁殖を止める成分が含まれているのがある。
(例:フロントラインプラス、レボリューション、ブロードライン)
具体的にいうと卵が孵化できなかったり、幼虫がサナギになれなかったりする。
成虫まで発育できないので次の繁殖はない。
駆除成分だけだと、死なないで生き残るノミが出てくるのだ。
薬剤耐性問題である。

生き残ったノミが子を産むと、その子も薬剤に強い遺伝子を持っている。
繁殖を繰り返し子孫が増えると、薬はやがて効かなくなってしまう。

そこで、
「生き残ってもいいじゃないか、繁殖さえ止まれば。」
という考え方が出てくる。

ノミの寿命は数週間と言われているので、そこをガマンしてくれれば自然消滅する。

ただし
薬の有効期間は1か月なので、

「1~2回やって放置しておくと、また新たなノミが飛び付いて増えますよ。」
「完全室内飼いか定期的な投薬をしないとだめですよ。」
ということを忘れてはいけない。

この話は
「TNRやっても放置しておくとまた増えますよ。外猫の管理はずっと続けてくださいね。」
に似ているではないか。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
  1. 2017/10/10(火) 21:15:18|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad